何万人もの人々に断食や少食を指導してきた、断食博士として知られる甲田光雄医師は、白砂糖の害について、10項目の危険性をあげています。



1.白砂糖は体内のカルシウムを奪う

2.白砂糖はビタミン類を奪う

3.砂糖の過食は肝臓を悪くする

4.砂糖の過食で胃腸病に

5.砂糖と皮膚病との関係

6.砂糖の過食でも動脈硬化になる

7.砂糖の過食は心筋梗塞をまねく

8.砂糖の過食でグローミュー(※)が障害されるとどうなるか


イ.グローミューの障害で脳出血を起こす

ロ.グローミューの障害で心臓性ショックに陥りやすい

ハ.グローミューの障害で霜やけ・赤鼻になりやすい

9.砂糖の過食はガンの原因にもなる

10.その他

① 砂糖の過食は子どもの成長発育にとくに必要なアミノ酸であるリジンを壊してしまうので、タンパク質の栄養価がずっと低下することになる

② 大豆の実験により、砂糖と混和して煮たためにタンパク質が無駄になる

③ 糖尿病が誘発される

④ 結膜炎や蓄膿症の原因にもなっている

古代ギリシャの医聖と言われたヒポクラテスが、あの当時において、すでに不自然な食物の害について警告を与えていたという文献が残っている。

「食物は必ず全体食として摂取することが本来の正しい姿である。」という教えである。

※グローミュー…よく知られている血液循環のほかに、別の循環路があり、それは血液が動脈管から毛細血管へ流れるのではなく毛細血管の手前で小動脈から小静脈へ直接抜けてしまい、毛細血管を通らないという近道(バイパス)があり、これをグローミューという。この血管が血液循環を調節する役割を果たしている。

(出典:白砂糖の害は恐ろしい ~これを防ぐために~ 甲田光雄 著)

白砂糖は、いろいろな病氣を引き起こす原因となるだけでなく、麻薬類似作用がありますので、中毒にもなります。『白いドラッグ』とも。。

血糖値の問題ですが、精神的に興奮状態にもなりますね。

イライラ、恐怖心、攻撃性を増す、またその逆もある、冷静な判断力が鈍ります。

また、美容の大敵でもあります。

特にシミの原因です。赤く膿んだニキビも砂糖の害となります。

全ての現象には原因があり、予防できるものがほとんどですね。(^^)